電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
川越の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
ラフティング

イメージ:ラフティング

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国63拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


川越で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

埼玉県には荒川が流れる観光地として有名な長瀞や秩父があり、ラフティングやカヌー、釣り、キャンプなどを楽しめます。そのなかでも、大人数でボートに乗るアクティビティなどは、自然を満喫できるレジャーとして人気を博しています。
しかし、川には流れの速い箇所もあるため、川下りの際にボートが転覆するリスクが存在します。
また、船舶同士の思いがけない衝突や転覆、沈没、座礁といった海難事故(水難事故)の恐れもあります。波を発生させるプレジャーボートやジェットスキーなどの利用は禁止されていますが、ダム湖では電動式船外機をつけていれば小型ボートの使用が可能です。
そのため、埼玉県でレジャーを楽しむ際には、アクティビティ中の落水の危険や、小型ボートとの衝突などに気を付けなければいけないのです。

ご自身で安全に十分気を配っていても、相手方の不注意により海難事故(水難事故)に巻き込まれる可能性は否定できません。相手方の不注意による海難事故(水難事故)に巻き込まれてしまった場合には、事故を起こしたレジャー会社や相手方の船舶の操縦者に対して、治療費や慰謝料、休業損害、船の修理費用や積荷損害など、各種の損害に対する賠償金を請求できる可能性があります。
もっとも、川や湖で利用する船舶は、小型のボートやカヤック、カヌーなど、多様な種類があります。事故の状況も一様ではありません。
さらに、海難事故(水難事故)により相手方に損害賠償を請求する場合には、海上衝突予防法や海上交通安全法、港則法などの知識が必要となります。これらの法律は、海だけでなく、川や湖でも適用されるのです。

ベリーベスト法律事務所グループでは、海難事故(水難事故)に対応できるチームを組んで、相手方との交渉や訴訟をサポートしております。チームは、海難事故(水難事故)の解決実績が豊富な弁護士をはじめ、医療の知識と経験を備えたメディカルコーディネーターや法律事務員で構成されています。豊富な経験と知識に基づいた対応をお約束いたします。
相手方との交渉に不安を感じる方も多いでしょうが、保険会社との交渉は弁護士が対応します。弁護士がお客さまに代わって、保険会社から提示される条件(損害賠償額など)の妥当性を判断するため、お客さまは、相手方との交渉による時間的な手間や精神的ストレスを回避することができるのです。
また、弁護士が介入すると、保険会社独自の基準ではなく、「裁判所基準」(過去の裁判例に基づいた基準)で慰謝料を請求することができます。裁判所基準は、保険会社の基準よりも高額であるため、慰謝料の増額が期待できます。
そして、事故によるケガの症状が後遺症として残った場合には、後遺障害の認定も、弁護士がサポートします。
埼玉県川越市の周辺で「ダムでほかの小型ボートに衝突された」「川下りの体験ツアーで船舶が転覆してケガを負った」という方は、ベリーベスト法律事務所 川越オフィスにまで、ぜひご相談ください。丁寧なヒアリングを通じて、海難事故(水難事故)に関する資料・証拠などの収集、示談交渉や訴訟手続きなどの対応により、お客さまをしっかりサポートします。初回の相談は60分まで無料で受け付けております。どうぞお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

川越オフィスの主なご相談エリア

川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、狭山市、飯能市、所沢市、入間市、ふじみ野市、富士見市、志木市、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町、朝霞市、和光市、東村山市、さいたま市、さいたま市西区、上尾市、東松山市、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町、大里郡寄居町

ページ
トップへ