電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

過払い金・債務整理なら
川越オフィスの弁護士に相談

債務整理でお悩みなら川越オフィスへご相談ください

借金の返済でお困りのことはございますか?

長年にわたり借金の返済を続けている方も多いものです。そのまま返済に追われる日々が続けば、どんどんと精神的にも疲弊していってしまいます。
「このまま一生借金と付き合っていくのか」
こんな風にお悩みではありませんか?
実は、借金問題には法律を使った解決の道があります。それが債務整理です。
債務整理には以下の4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

借金をゼロにする自己破産は、一般的によく知られています。特定調停や任意整理においては返済条件の軽減につき貸主と合意ができれば、また、個人再生においては法定の要件を満たせば、借金を減らし、無理のない返済につなげることができます。
借金がゼロ、または減額になるのであればすぐにでも利用したいという方もいるかもしれませんが、しっかりとした事前準備が必要です。
それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。よく考えずに手続を進めてしまうと、予想外の制約や手放さなければいけない資産の多さに「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれません。
しかし、上記の方法を上手に使えば、数ヶ月から1年程度で借金から解放されたり、返済が楽になったりします。借金のない人生を歩むことも可能なのです。
債務整理の利用を考えている場合、まず、法律のプロである弁護士に相談しましょう。弁護士であれば、借金額や仕事の状況などをふまえて、お客様に合った債務整理の方法を選んで手続を進めてくれます。

過払い金請求で利息を取り戻す

過払い金請求で利息を取り戻す

過払い金請求という言葉をご存じでしょうか。テレビCMや折り込みチラシなどでもよく見かけるため、制度自体は比較的よく知られています。過払い金請求は文字通り、借金の返済の際に払い過ぎたお金を返してもらう手段です。では、どんな人に過払い金があるのでしょうか。
以前は、借金の上限金利を定めた利息制限法と出資法という2つの法律で、異なる利率が法定されていました。そのため、一方の法定利率を超えていても、もう一方の法定上限利率以下という「グレーゾーン金利」が多用されていました。しかし、多重債務問題がクローズアップされるなどしてグレーゾーン金利に対する批判が高まり、また、平成18年には、最高裁判決において、法定利率を超える利息の支払いを有効な利息の支払いとみなす「みなし弁済」は原則無効であるとの判断がなされました。そして、平成22年の法改正によりグレーゾーン金利は消滅しました。
それまでにグレーゾーン金利で支払っていた利息については「過払い金」として、貸金業者からの返還を求めることができるようになりました。平成19年頃までに借金をしていた方の多くには、この過払い金があります。
過払い金請求については、手続の面倒さや返済の証拠が無いなどの理由で請求を諦めてしまっている方もいるかもしれません。ベリーベスト法律事務所の弁護士は、貸金業者とのやりとりや裁判など、ほとんどの手続を代行します。そのためお客様の手間はほとんどかかりません。また、証拠がない場合にも、業者に取引履歴の開示を求めるなどして対応することもできます。
「過払い金があるかもしれない」と思ったら、まずはご相談ください。

債務整理・借金の問題についてよくあるご質問

川越オフィスの弁護士による債務整理の流れ

弁護士による債務整理で問題解決

借金問題は、最初は少額を借りてすぐに返すつもりであっても、大きな出費があって再び借りてしまったりして、いつの間にか借金の額が膨れ上がってしまっていることがよくあります。当初は「いつか返済が終わる」「自分で対処できる」と思っていても、長年の返済に苦しめられてしまうかもしれないのです。
借金問題の解決のためには、専門家の助けが有用なことも多くあります。ベリーベスト法律事務所にご相談ください。

弊所ではお客様からお問い合わせをいただいた後、弁護士が借金額や取引期間、返済の見込みなどについて細かくお伺いします。親身になってお話を伺いますので、どうぞ安心してお話しください。聞き取り内容をふまえて、お客様に一番合った解決方法をご提案します。
債務整理にはそれぞれメリットとデメリットがあります。たとえ借金が少なくなっても、その後の生活に支障が出ては、お気持ちの面で納得できないかもしれません。お客様のご希望に合わせてプランを考えます。
債務整理は、そのイメージから、利用するにはプライドが許さなかったり、周りの目が気になったりするかもしれません。しかし、法律で認められた手続ですので、利用をためらう必要はありません。また、家族や友人に知られることなく手続することもできます。
疑問点や不安な点がございましたら、遠慮なくご質問ください。一つ一つ、丁寧にお答えいたします。

借金問題、ご相談から解決までの流れ

埼玉県・川越で債務整理をお考えの方へ

埼玉県・川越で債務整理をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 川越オフィスにご相談ください。
借金の返済を続けていると「もう疲れた」「借金のない生活に戻りたい」「お先真っ暗だ」と悲観的になってしまうことがあります。しかし、諦めないでください。借金から解放され、新しい生活を始める道は残されています。

例えば、過払い金請求です。過払い金請求は、自分は対象外だと思い込み、確認をされていない方が多くいらっしゃいます。完済している場合でも、過払い金があれば返還を求めることができます。もし現在の借金よりも過払い金が多ければ、一気に完済することもできます。長年の返済で苦しめられていても、実はもう返済が終わっていたということになります。残ったお金があれば、その後の生活費に使うこともできます。
「過払い金はないだろう」とご自分で判断してしまわずに、弁護士に相談し、確認してもらいましょう。

また、個人再生や任意整理、自己破産といった手段もあります。これらは内容が大きく違います。任意整理は貸金業者との交渉により、返済額を減らしてもらう方法です。個人再生も借金を減らす方法ですが、裁判所を介して行います。住宅ローンが残っていても、持ち家を手放さずに済むというメリットがあります。一方で、自己破産は、借金をゼロにすることができます。ただし、自宅など高額な資産は手放さなければならず、一部就けなくなる職業もあります。
このように、借金問題には複数の解決方法があります。ご自分に一番適した方法がどれかを判断し、手続を進めていくのは大変です。ベリーベスト法律事務所がお力になります。
弊所では、お客様一人ひとりに合わせた解決プランを作成します。借金の額や収入、持ち家の有無など、お客様ごとに抱えている事情や希望する解決方法も異なります。まずはお客様のお話をじっくりとお聞きし、プランを考えます。
費用についてご心配もあると思いますが、弊所では過払い金請求や任意整理、自己破産に関する法律相談は無料となっております。過払い金の有無を確認するだけでも構いません。お気軽にご利用ください。
川越オフィスの弁護士は、借金問題でお困りのお客様のご相談に、誠意をもって対応いたします。川越市内やその近隣の地域で、家族や友人にも話せず一人でお悩みの方もいらっしゃると思います。どうぞ弁護士にご相談ください。お客様のお力になります。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

川越オフィスの主なご相談エリア

川越市、板戸市、鶴ヶ島市、狭山市、飯能市、所沢市、入間市、ふじみ野市、富士見市、志木市、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町、朝霞市、和光市、東村山市、さいたま市、さいたま市西区、上尾市、東松山市、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町、大里郡寄居町

ページ
トップへ