電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
川越の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績5,665
  • 交通事故相談実績57,152
  • 2019年06月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

弁護士に対応の多くを任せられる!

お早めにご相談ください

交通事故にあった際、多くの方が対応に苦慮するのが相手方保険会社との交渉です。
事故のショックが残る中、また、ケガの治療が一段落した際、相手方保険会社から示談の話が出てきます。そこで提示される示談金は、多くの場合、納得できる金額ではありません。
しかし、増額を求めたとしても、相手は何件もの示談交渉を進めてきた交渉のプロです。そう簡単には金額アップに応じてきません。思い通りにならないやりとりは精神的にも大きな負担となります。
ご自分が加入している保険会社に示談交渉サービスがあるかもしれませんが、過失がない場合には利用できません。また、同業の保険会社同士の交渉は思うような増額につながらないこともあり、逆にストレスになることさえあります。
したがって、示談交渉に当たっては弁護士をたてるのが最善です。弁護士に任せれば、保険会社との交渉から後遺障害の認定申請まで、煩雑な手続きのほとんどを行ってくれるため、体力的・精神的負担を最小限に抑えることができます。

慰謝料の増額

慰謝料の増額

交通事故の損害額の算定方法には、以下の3つの基準があります。

任意保険基準・・・
・・・保険会社がそれぞれ定めた非公開の社内基準
裁判所基準・・・
・・・過去の裁判例を参考に定められた基準
自賠責基準・・・
・・・運転者が加入を義務づけられている自賠責保険の基準

同じ事故であっても、どの基準を適用するかで金額が大きく変わります。通常、金額が一番低いのが自賠責基準、次いで任意保険基準、そして、一番高いのが裁判所基準です。
示談交渉において、相手方保険会社が提示してくるのは、任意保険基準に基づく金額であることがほとんどです。これが妥当な金額だと思ってしまうかもしれませんが、そうではないことも多々あります。他方、弁護士は、裁判所基準を用います。裁判所基準により算出される金額は、他の基準により算出される金額より高額で、また、これまでの裁判例という裏付けに基づいて算出されています。つまり、本来もらえる金額なのです。この基準を知らなかったり、保険会社との交渉を諦めて金額を鵜呑みにしたりすれば、相手の思うツボです。慰謝料は受けた被害に対する補償です。しっかりともらうべき金額を受け取りましょう。

後遺障害等級認定のサポート

お早めにご相談ください

交通事故でケガをした場合、場合によっては治療しても完治せず、症状が固定し「後遺障害」になってしまうことがあります。たった一度の事故の被害を、今後背負っていかなければならなくなるのです。
そのため、後遺障害については、別途、賠償を受けることができます。その賠償額は、後遺障害の等級に応じて決まってきます。等級には1〜14級まであり、どの等級になるかで賠償金額が大きく違ってきます。
この等級を決めるための手続きは、相手方保険会社が行ってくれることがありますし、被害者自身で行うこともできます。後遺障害の等級認定にはいくつかのポイントがあります。しかし、保険会社はあくまで相手側であり、被害者のために最善を尽くしてくれるとは限りません。他方、自分のために活動してくれる弁護士であれば、依頼者にとっての最善の結果を目指して手続きを進めるため、より適切な等級を得られる可能性も高まります。

埼玉県・川越で交通事故に遭われた方へ

埼玉県・川越で、交通事故でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 川越オフィスにご相談ください。
交通事故は私たちの身の回りで毎日のように発生しています。
埼玉県内では平成29年に約2万6000件もの人身事故が発生、177人がお亡くなりになりました。これは全国でも愛知県に次いで2番目の多さで、しかも半数以上が65歳以上の高齢者です。川越市内でも1411件の事故が発生し、8人が亡くなっています。1日あたりでみると3〜4件もの事故が起きていることになります。(※)
事故に遭うのは、車を運転する人だけではありません。歩道を歩いていたり自転車に乗っていたりする子どもや高齢者も、事故に遭うおそれがあります。事故の原因には、前方不注意もあれば、信号無視や酒酔い運転といった悪質なケースもあり、どんなに気を付けていても被害を避けられないこともあります。

交通事故に遭うと、身体的なダメージを負うほか、精神的な負担を強いられることもあります。事故直後から相手や相手方保険会社とのやり取り、警察への対応が必要になりますし、治療が長期に及べば、長く被害に苦しめられることになります。特に、相手方保険会社の対応に不満が募り、精神的な負担が増してしまうケースが多くみられます。

事故の被害者は、相手方が加入する任意保険から慰謝料を受け取ることができます。被害者にとっては必要な補償ですが、保険会社にとってはできるだけ払いたくないお金です。しかも、慰謝料には一律の基準がありません。そのため、保険会社は慰謝料をできるだけ抑えようとしてきます。
慰謝料を提示された際、被害者側が疑問を持たなければ、そのまま金額が決まってしまいます。しかし、多くの場合、慰謝料を増額する余地がありますので、すぐに承諾してしまうことはお勧めできません。とはいえ、自分で適正な金額を調べて保険会社と交渉することは簡単ではありません。まずは、弁護士にご相談ください。
ベリーベスト法律事務所の弁護士は、裁判所基準を用い、保険会社が提示する慰謝料よりも高額な慰謝料を算出します。法律の知識や経験を駆使して交渉のプロである保険会社とも対等にわたりあい、より高額な慰謝料の獲得を目指します。
弊所では、これまで、交通事故でお困りの多くのお客様をサポートしてきました。事務所内には交通事故専門のチームがあり、交通事故に詳しい弁護士が様々な事故に対応しています。手続きの手間をご心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、保険会社との交渉のほか、後遺障害の等級認定申請まで、ほとんど全ての交渉・手続きを弁護士が行います。できるだけお客様のご負担を軽減し、治療に専念できるようにいたします。
ご利用いただいたお客様からは「受け取った金額に満足している」「心労が解消した」「安心して任せられた」などのお声が寄せられています。

費用について不安をおもちの方もいらっしゃると思いますが、弊所では、原則として、初回の法律相談、着手金をお客様からいただくことはありません。費用の詳細については、相談の際や契約の前に詳しく説明します。また、お客様ご加入の保険に弁護士費用特約がついている場合、最大300万円まで弁護士費用が補償されることがあります。一度、お手元の保険資料をご確認ください。

弊所川越オフィスの弁護士は、事故でお困りのお客様に寄り添って、迅速に対応いたします。事故や保険会社との交渉で大きなストレスを抱えている方も多いと思います。弁護士は、お客様のお話をじっくりとお聞きし、お客様のご希望をふまえて、慰謝料の増額など納得できる解決を目指して取り組んで参ります。
ご相談は川越市内だけでなく近隣の地域からもお受けしております。交通事故でお悩みの方は、どうぞ弊所までお気軽にお問い合わせください。

埼玉県警「市区町村別人身事故発生状況 平成29年12月末」(PDF:80KB)

平成29年中の埼玉県内の交通事故発生状況

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

川越オフィスの主なご相談エリア

川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、狭山市、飯能市、所沢市、入間市、ふじみ野市、富士見市、志木市、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町、朝霞市、和光市、東村山市、さいたま市、さいたま市西区、上尾市、東松山市、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町、大里郡寄居町

ページ
トップへ