電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

個人間の借金で関係が悪化し、取り立ても過激に……どう対処すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月19日
  • 借金問題
  • 個人
  • 借金
  • 取り立て
個人間の借金で関係が悪化し、取り立ても過激に……どう対処すべき?

借金は人を変えてしまうものであり、仕事や友人を失う原因になりかねない恐ろしいものと言えます。軽い気持ちで友人からお金を借りてその返済が滞ると、友人との関係が悪化してしまう可能性があります。場合によっては、友人から厳しい取り立てにあってしまうこともあるかもしれません。そのようなとき、友人との関係を維持し、円満に取り立てに対応するためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

ここでは、個人間で借金の取り立てがあった場合にどのように対処すべきかについて、川越オフィスの弁護士が解説します。

1、個人間の借金で適用される法律

  1. (1)利息

    個人間の借金については、利息制限法が適用されます。したがって、元本の額が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%を超える利息を取ることはできず、超過利息部分は無効となります。

    なお、出資法も利息について定めており、個人間の利息について109.5%までと定めていて、違反する場合には刑事罰が科されます。しかしながら、民事的にそもそも利息制限法を超えた利息を取ると超過部分は無効とされますので、個人間における借金の利息については、実質的には利息制限法が適用されると考えればよいでしょう。

  2. (2)時効

    個人間の借金に適用される時効は、これまで、民法の規定に従い10年でしたが、民法改正により、令和2年4月1日以降の借金については、通常5年となります。時効は、借金を一部でも返済すると、その時点が新たな時効の起算点となります。したがって、催促を受け継続的にお金を一部でも返している間は、時効を迎えることはありません。その他、訴訟の提起や支払督促などがあった場合や、差押えが行われた場合、一定期間時効は完成しません。

    なお、時効が完成した場合でも、その効果を確定的に主張するためには、時効の完成について相手に通知する必要があります。これを時効の援用といいます。

    時効が完成すれば借金を返済する義務はなくなりますが、時効は債権者(お金を貸している人)側の行為によって完成を妨げることができるため、簡単に成立することはほとんどないと言えます。
    また、友人からお金を借りている場合は、時効の完成を主張するのであれば、その友人との関係が修復不可能なほど悪化することは覚悟したほうがよいでしょう。

2、どのような行為が違法な取り立て?

  1. (1)本人への取り立て

    一般人の取り立ては、貸金業者による取り立てほどには規制がありませんが、返済を求める友人から暴行や脅迫をされた場合、暴行罪や恐喝罪といった犯罪にあたる可能性があるので、すぐに警察に相談しましょう。

    裁判や強制執行などの裁判所の手続きを利用しての取り立てだけでなく、電話や面会、内容証明による書類の送付などの取り立て方法も、どれも基本的には合法です。貸金業者の取り立てには貸金業法上の規制があり、たとえば弁護士が付いたら取り立てをしてはいけないなどの規制がありますが、これは個人間の取り立てには適用がないので注意しましょう。

    また、取り立てに関して違法行為をしてしまう可能性があるのは、債権者側のみではありません。
    債務者(借りている人)側も、財産を隠して借金の返済から逃れようとすると強制執行妨害罪という犯罪にあたる可能性がありますし、故意に自己の財産(不動産など)を処分して債権者が正当な弁済を受けられないようにすると、詐害行為として処分行為を取り消されてしまう可能性があります。
    その他、違法とまでは言えないケースや判断が難しいケースもあるため、そのようなときは弁護士などの専門家に相談しましょう。

  2. (2)会社や親戚への取り立て

    債務者本人への取り立てではなく、会社や親戚に電話をしたり、オフィスや家を訪問したりするのは、相手に支払義務がないので、かなりグレーゾーンな行為と言えます。債務者ではない方を精神的に追い詰めるようなことをされた場合には、悪質性が高いと判断され、面談強要禁止の仮処分や架電禁止の仮処分といった決定を裁判所が出すことがあります。
    そうなった場合、相手方は違反する度に金銭を支払う義務を負うことになります。

3、解決する方法

  1. (1)貸主との話し合いによる解決

    円満な解決を目指す場合、まずは、貸主との話し合いにより、可能な範囲で返済計画を立て直し、実行していくことが一番よい方法と言えるでしょう。

    このときに重要となるのが、契約書や借用書です。友人との間の借金の場合は、これらの書面を作成せずに借金をすることが多いと思いますが、両者で借金の額や金利について事前に書面で合意しておくことがトラブルになった際の円満な解決には必要です。

    友人間などの個人的な貸し借りは、比較的交渉がしやすいという側面があります。取り立てが過激化している場合なども、弁護士などの専門家に第三者として間に入ってもらうことで、冷静に話し合うことが可能になることも多いでしょう。過激な取り立てをやめてもらい、現実的な返済計画に沿って、あらためて完済を目指せるようになる可能性があります。

  2. (2)任意整理による解決

    もし、友人以外に貸金業者などから借金をしている場合は、債務整理を検討してみましょう。

    任意整理とは、債務整理手続きのひとつで、裁判所を通さずに貸金業者などの債権者と交渉することで、借金を減額したり、利息(支払い済み&将来分)をカットしたりして、支払いの負担を軽減する方法です。ご自身で相手方と交渉することも可能ではありますが、弁護士に依頼した方が、減額される借金の額が大きくなることがあります。

    任意整理は、将来の利息をカットする・払い過ぎた利息について引き直し計算をするという特徴がありますので、金利が発生する借金について有効な手段です。整理する借金を選ぶことができますので、複数の債権者から借金している際に、まず金利が発生する債務を任意整理することにより、借金返済全体の負担を軽くし、個人間の返済がスムーズにできるようになるということもあるでしょう。

    個人間の借金であっても金利が設定されている場合には、任意整理の対象とすることが可能です。

  3. (3)過払い金請求を利用する

    過払い金とは、消費者金融やクレジット会社、大手デパートカードなどの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことを言います。借金の額には、貸金業者が違法な利息を課したことにより、法律上の返済義務がない金額が含まれることがあり、その、本来であれば返済する必要がなかった利息分(過払い金)を取り戻すのが過払い金請求です。

    過払い金請求を弁護士に依頼する場合、完全成功報酬制を採用している事務所に依頼すれば、取り戻した過払い金の中から弁護士費用が払われるので、依頼時に大きな出費をせずに済みます。したがって、個人間の借金の他にも業者からの借金がある場合、まず過払い金の有無を確認し、過払い金が発生していればそれを取り戻すことで、借金の総額を減らして負担を軽くすることが可能です。

    なお、現在は法律が改正され、いわゆるグレーゾーン金利がなくなったため、通常、過払い金は発生せず、過払い金請求の対象になる可能性が高いのは2008年以前の借金です。
    自分にも過払い金が発生している可能性があると思う場合は、まずは弁護士に相談してみてください。過払い金が発生しているかどうか調べてもらうことが可能です。

  4. (4)個人再生や自己破産による解決

    すでに述べた方法を用いても借金の返済をすることができない場合、最終的には、個人再生や自己破産を選択せざるを得ないでしょう。個人再生であれば借りていた借金の金額が5分の1程度になり、自己破産では借りていたお金は多くの場合帳消しとなります。

    これらの債務整理は、個人間の債務を含めた全ての借り入れが手続きの対象となり、友人からの借金について円満な解決とはなりません。せめて、手続きに入る前に、他に選択肢がなくなってしまったということを説明しておくことが望ましいと言えるでしょう。

4、弁護士へ相談するメリット

個人間の借金の解決について弁護士に依頼することには、次のようなさまざまなメリットがあります。

●第三者として間に入って交渉をしてくれる
個人間の借金は、お金を貸している側が感情的になっている場合も多く、借りている側が交渉しようとしても思うように話し合いができないことがよくあります。そのようなとき、前述したように、弁護士に間に入ってもらうだけでも、冷静な話し合いができる可能性が高くなります。

返済計画についても、弁護士と相談して計画を立てたということを説明することで、計画についての理解を得やすくなったり、返済していく意思があることについても信じてもらいやすくなったりするでしょう。「自分のお金は返ってこないんじゃないだろうか」という、貸している側の不安を取り除くことが、円満な借金問題の解決に重要です。

●必要な書類作成や裁判所とのやり取りを代行してもらえる
債務整理をする場合、書類・資料の収集や書類作成が必要になります。また、債権者とのやり取りも必要になりますが、弁護士に依頼することでこれらに対応してくれるので安心です。

●相談相手がいることで精神的に楽になる
借金問題を抱えていると、将来への不安が大きく非常にストレスがかかりますが、弁護士に相談していると、専門家が助けてくれるという安心感を得られたり将来の見通しを立てられるようになったりします。精神的に楽になるのも見逃せないメリットです。

5、まとめ

個人間の借金についてトラブルを抱えている場合には、貸主との関係を可能な限り維持していくためには、円満に解決していく必要があります。友人から取り立てを受けているが対処方法がわからない、友人からの借金返済が滞り訴えられそうなどお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 川越オフィスまでご相談ください。川越オフィスの弁護士が、個人間における借金の取り立てへの対処に全力を尽くします。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

川越オフィスの主なご相談エリア

川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、狭山市、飯能市、所沢市、入間市、ふじみ野市、富士見市、志木市、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町、朝霞市、和光市、東村山市、さいたま市、さいたま市西区、上尾市、東松山市、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町、大里郡寄居町

ページ
トップへ